映画『ゴーストバスターズ:アフターライフ』1984年の公開された初作シリーズの続編

レイ・パーカー・ジュニアが歌う主題歌で知られるホラー・コメディー映画「ゴーストバスターズ」。1984年に全米で公開、大ヒットとなりのちに2作目も制作された。今回の作品は初作シリーズの続編にあたる『ゴーストバスターズ:アフターライフ(Ghostbusters: Afterlife)』を紹介します。

映画『ゴーストバスターズ:アフターライフ』1984年の公開された初作シリーズの続編

物語は、生活苦でニューヨークから、祖父の屋敷があるアメリカのとある田舎に引っ越してきた家族。そこで母親キャリーと兄トレヴァー、妹のフィービーは、かつてニューヨークを救ったゴーストバスターズのメンバー、スパングラー博士の子孫だったことをサマースクールの教師、グルーバーソンから知らされる。彼は地震科学者でもあり、この土地で起きる不思議な地震の調査をしていた。そんな時、幽霊スライマーが解き放たれたことを知り、孫たちは隠されていたプロトンパックを背負い、幽霊退治専用カー「Ecto-1」に乗り幽霊退治に乗り出した。

監督は、初作のシリーズ二本を手がけたアイヴァン・ライトマンの息子ジェイソン・ライトマン。母親キャリー役にキャリー・クーン、兄トレヴァーを演じるのはフィン・ヴォルフハルト、妹フィービー役にマッケナ・グレイス、教師グルーバーソン役に「アントマン」のポール・ラッド。予告ではこれまでのコメディ色の強い演出とは違い、シリアスな雰囲気のある仕上がりのようです。全米公開は2020年7月10日予定。

2016年に、女性メンバーによるリブート版が公開されたが、今回の作品とは関係性がないようだが、初作シリーズに出演したビル・マーレイダン・エイクロイドアーニー・ハドソンシガニー・ウィーバー、そして受付嬢を演じたアニー・ポッツが出演するらしい。オリジナル・ファンには嬉しいはなしです。

『ゴーストバスターズ/アフターライフ』予告1 2020年公開

関連記事

ブログ管理・運営