マーベル映画『ブラック・ウィドウ(Black Widow)』スカーレット・ヨハンソン主演のスパイ・アクション

ついに彼女の出番です!映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」をもって、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の“フェーズ3”が幕を閉じ、“フェーズ4”の始まりとなる作品として、アベンジャーズの初期から活躍してきたナターシャ・ロマノフの半生を描いた映画『ブラック・ウィドウ(Black Widow)』を紹介します。

ブラック・ウィドウ

物語は、一部の報道によると2016年公開の「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」から、2018年公開の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」までのブラック・ウィドウに何があったのかを描いた内容のようだが、元KGBのスパイだったナターシャ・ロマノフが、アベンジャーズの一員であるブラック・ウィドウなる過去の話から、彼女を取り巻く”家族”の存在など、ファンにはたまらない内容のようです。

監督は「さよなら、アドルフ」「ベルリン・シンドローム」のケイト・ショートランド。脚本は「キャプテン・マーベル」のジャック・スカエファーと「ラブストーリーズ コナーの涙/エリナーの愛情」のネッド・ベンソンが執筆。主演のナターシャ・ロマノフ役にはもちろんスカーレット・ヨハンソン、ナターシャの妹分イェレナを演じるのは「ミッドサマー」の新鋭フローレンス・ピュー。その他にデヴィッド・ハーバーレイチェル・ワイズO・T・ファグベンルが共演。2020年5月1日に日米同時公開予定!

「ブラック・ウィドウ」特報 世界同時解禁

関連記事