映画『ザ・グラッジ』サム・ライミ監督の新作は「呪怨」のリブート

2000年に発表された清水崇監督・脚本によるホラー映画「呪怨」がサム・ライミ監督によってリブート!『ザ・グラッジ』を紹介します。

The Grudge

「呪怨」とは、つよい怨みを抱いて死んだモノの呪いで、死んだモノが生前に接していた場所に蓄積され、「業」となる。をテーマに2000年に発表された清水崇監督作品のホラー映画「呪怨」は、ビデオ作品から劇場版とのちに多くの続編作品を生み出しました。また、2004年には「THE JUON/呪怨」と題され、清水崇監督によりアメリカでリメイクされ、2006年には「呪怨 パンデミック」の2本目が製作された。この2本の製作のプロデューサーとしてサム・ライミ監督も関わっていた。

今回は監督としてサム・ライミの描く「呪怨」がどのようなものか楽しみです。予告を見る限り、やはりひとつの「家」を中心に連続殺人に巻き込まれる人々の恐怖を描いたものとなるようですが、そこはホラー監督のサム・ライミによって今までにない「呪怨」の恐怖が描かれているようです。

出演はベティ・ギルピンアンドレア・ライズボローリン・シェイほか。日本公開は今のところ未定です。

THE GRUDGE - Official Trailer (HD)

関連記事