映画『フォードvsフェラーリ』ル・マン耐久レースを舞台に男たちの挑戦を描いたドラマ

マット・デイモンとクリスチャン・ベールが共演する世界の車史に残る24時間耐久レース「ル・マン」を舞台に闘った男たちのドラマを描いた映画『フォードvsフェラーリ』を紹介します。

フォードvsフェラーリ

1963年に起きたアメリカのフォード・モーター社とイタリアのフェラーリ社の買収交渉の決裂から端を発し、当時ル・マン24時間レースで常勝チームだったフェラーリ社の誇るレーシングチーム「スクーデリア・フェラーリ」にフォード・モーター社は社運をかけたレーシングカー「フォード・GT40」開発する。その開発責任者として白羽の矢が立ったのが元レーサーでエンジニア兼設計士のキャロル・シェルビーとレーサーのケン・マイルズ。二人の栄光の奇跡を描いた物語です。

監督はジェームズ・マンゴールド。キャロル・シェルビー役にマット・デイモン、ケン・マイルズ役にはクリスチャン・ベール。日本公開は来年のお正月、2020年1月10日予定です。

映画『フォードvsフェラーリ』新予告『絶対王者に挑め!』編 2020年1月10日(金)公開

関連記事