映画『キングスマン:ファースト・エージェント』キングスマン誕生秘話描くシリーズ第3弾

2014年に公開された第1作目「キングスマン」、そして2018年に公開された2作目「キングスマン: ゴールデン・サークル」に続く第3作、『キングスマン:ファースト・エージェント』はこれまで謎に包まれた組織「キングスマン」の誕生秘話を描いたスパイ・アクション映画です。

キングスマン:ファースト・エージェント

国や組織に属さない世界最強のスパイ組織「キングスマン」の誕生は、1900年代初頭から第1次世界大戦にかけてヨーロッパを中心に巻き起こる動乱の中で、世界を救うために立ち上がる1人の男が、最悪の敵に立ち向かっていく勇姿を描いたもの。
公開された予告では、ロシアの第一次世界大戦参入を止めようとした怪僧ラスプーチンや、大戦のきっかけとなったオーストリアの皇太子暗殺事件を思わせるシーンなど、まるで歴史をシリアスなに描いた戦争映画のようだ。

監督はシリーズお馴染みのマシュー・ヴォーン。出演はレイフ・ファインズハリス・ディキンソン、今回はタロン・エガートンとコリン・ファースの出演は確認できていないが、シリーズのプリクエル的な作品なのでラストシーンあたりに顔を出しそうな雰囲気です。日本公開は来年2020年3月の予定。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』特報【誕生編】

関連記事