『アイ・ラブ・サラ・ジェーン』ゾンビが徘徊する世界の少年達を描いたショートムービー

街の大人達がゾンビと化してしまった状態の中、生き残った子供達を描いたショート・ムービー「アイ・ラブ・サラ・ジェーン(I Love Sarah Jane)」を紹介します。サラ・ジェーンを演じるのは映画「アリス・イン・ワンダーランド」でアリス役を演じたミア・ワシコウスカ(Mia Wasikowska)です。

アイ・ラブ・サラ・ジェーン(I Love Sarah Jane)

2008年度のサンダンス映画祭で発表された作品です。

物語は、町中の大人がゾンビと化してしまった状況の中、生き残った少年達がゾンビと戦いながら暮らしていた。少女サラはゾンビと化した父親を庭にくくり付け対応に悩み続ける。そこに少年達が駆けつけゾンビと化した父親に悪さをするのだが…

極限状態の中、無秩序と化した少年達の滑稽な行動とショッキングなシュチエーションが面白いホラー・ショート・ムービーです。監督はこの作品が話題となり注目を浴びているスペンサー・サッサー(Spencer Susser)です。

I Love Sarah Jane: VICE Shorts

関連記事