雨あがりの君(RAIN FOR THE DEAD)|グロ漫画家・氏賀Y太原作「雨上がりの君」が作者の製作総指揮で実写映画化

グロ漫画「まいちゃんの日常」で知られる漫画家、氏賀Y太の「雨上がりの君」が作者の製作総指揮で実写映画化されました。

雨あがりの君(RAIN FOR THE DEAD)

雨が生きている人間のにおいをかき消すからゾンビ達には気付かれない!

「雨が人間のにおいをかき消してくれるから、ヤツらは自分の存在に気づかない」という設定のもと、ひとり街に暮らす男とかつて恋人だったゾンビ・ホラー。

漫画原作者、氏賀Y太氏自ら製作総指揮をつとめた作品『雨上がりの君』の予告を紹介します。監督は、ビショップ小山、特殊メイクはゼライ直井、出演は足立昌弥小野まりえ近松仁他。完成は来年春と告知されていますが、劇場公開等の情報はまだ告知されていません。

ゾンビ映画【雨あがりの君】予告編

関連記事