バトル・ハザード(Battle of the Damned)|ドルフ・ラングレン主演ゾンビ軍団とロボット部隊の死闘を描いたアクションSF映画

ゾンビが出るは、ロボットは出るは、ドルフ・ラングレンは暴れるは、よく意味が分からないアクションSF映画『バトル・ハザード(Battle of the Damned)』を紹介します。

バトル・ハザード(Battle of the Damned)

傭兵ドルフ・ラングレンがゾンビ相手に暴れまくる日本未公開作品

物語は、ゾンビ・ウィルスで壊滅的な状況になった地上で、一握りの人々はゾンビと戦いながら暮らしていた。そんなさなか、傭兵部隊を雇いながらゾンビと戦う街に突如ロボット部隊が現れ、共に戦い始める。人類の存亡をかけた戦いの行方はいかに!

アメリカとシンガポールの製作作品。監督はクリストファー・ハットン。主演の傭兵役にドルフ・ラングレンが登場。日本版のDVDは2013年12月4日発売予定。

BATTLE OF THE DAMNED trailer: Dolph Lundgren vs. zombies vs robots

関連記事