映画ジョン・ウィック : パラベラム(John Wick: Chapter 3 – Parabellum)|すべて殺し屋が敵!狙われたジョン・ウィックの運命は?!

飼い犬を殺された殺し屋の復讐劇から始まったキアヌ・リーブス主演の映画「ジョン・ウィック」シリーズも今回で3作目。前作のラストから続く殺し屋 VS 殺し屋の死闘が延々続く究極のバイオレンス・ムービー『ジョン・ウィック : パラベラム(John Wick: Chapter 3 – Parabellum)』を紹介します。

ジョン・ウィック : パラベラム

掟を破ったジョン・ウィックの果てしない死闘の物語

前作のエンディングに始まるジョン・ウィックの抹殺指令から延々続く殺し屋たちの死闘を描いた内容のようで、もうストーリーなどほとんど関係なくジョン・ウィックの命を狙う殺し屋たちとそれをいろいろなモノを利用し容赦無く抹殺するジョン・ウィックが見ものです。

監督は「マトリックス」シリーズや『クロウ 飛翔伝説』等数々のアクション映画でスタントを務め、『Vフォー・ヴェンデッタ』にも出演するチャド・スタエルスキ。もちろん主役のジョン・ウィック役を務めるのはキアヌ・リーブス、新たな女殺し屋としてハル・ベリーが出演。世界の殺し屋達が集まるホテル・コンチネンタルホテルのオーナーでおなじみのイアン・マクシェーン。そのホテルのコンシェルジュに、ランス・レディック。そして裏社会の犯罪情報組織を取り仕切るボスに「マトリックス」シリーズで共演した名優ローレンス・フィッシュバーンが出演。日本公開は今年2019年10月予定。

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』特報

「ジョン・ウィック:チャプター3」海外版予告編2〔日本語字幕つき!)

関連記事