おとなのけんか(Carnage)|ロマン・ポランスキー監督の最新作、舞台劇「God of Carnage」を豪華キャストで映画化!2012年2月18日・日本公開

昨年10月30日に紹介したロマン・ポランスキー監督最新作「Carnage」が日本タイトルを「おとなのけんか(Carnage)」と改め2月18日に日本公開が決定しました。日本版予告を紹介します。

おとなのけんか

豪華キャストが繰り広げるドタバタ喜劇

「子供の喧嘩に親が出て…」と物語は、たわいのない子供同士の喧嘩から、その親達4人が和解のために話し合いを設けるが、終いには子供の喧嘩どころではないほどの言い争いに発展してしまう舞台劇を原作とした物語。出演にはアカデミー主演女優賞に輝くジョディ・フォスターとケイト・ウィンスレット。名脇役ジョン・C・ライリー。そして「イングロリアス・バスターズ」でビラピ以上に目立ったクリストフ・ワルツ。シリアスなサスペンス映画「ゴーストライター」の次の作品に、巨匠ロマン・ポランスキー監督が描いたドタバタ喜劇の仕上がりが気になる作品です。2月18日、日本公開です。

『おとなのけんか』予告編

関連記事