映画グリーンブック|第91回アカデミー賞3部門受賞、実話に基づいて描かれた感動のロードムービー!

第91回アカデミー賞で作品賞、助演男優賞、脚本賞を受賞、実話に基づいて描かれた感動のロードムービー『グリーンブック』を紹介します。

グリーンブック

黒人向け旅行本『グリーンブック』を手に旅をする二人の物語

物語の舞台は1962年のアメリカ。イタリア系移民のトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、ニューヨークでナイトクラブの用心棒をしていた。喧嘩に強くガサツな性格だったが家族や友人からは愛されていた。そんなトニーにマフィアのボスが要人のボディーガードの仕事を紹介する。要人の名はドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)。ホワイトハウスでケネディ大統領の前で演奏し、「神の域の技巧」を持つと称された天才黒人ピアニストだった。

トニーは、ドクター・シャーリーのコンサートツアーの運転手兼ボディーガードとして雇われることになるが、向かう先は人種差別の強いアメリカの南部。トニーは黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、ふたりはツアーへ乗り出すが、想像を超える人種差別の中、自分とは正反対のシャーリーと人種を超えた硬い友情を育んでいく。

出演は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのヴィゴ・モーテンセン、『ムーンライト』『アリータ:バトル・エンジェル』のマハーシャラ・アリ。監督は『ジム・キャリーはMr.ダマー』『メリーに首ったけ』などのコメディを手がけたピーター・ファレリー監督。

沖縄では、2019年3月1日(金)スターシアターズ系『シネマQ』『ライカム』『ミハマ7プレックス』で公開予定。

【公式】『グリーンブック』3.1(金)公開/本予告

関連記事