劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん|ネットゲームで繋がる父と息子のニューマンドラマ

2017年放映されたテレビドラマの映画化、同じタイトルで6月21日に公開となる『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』を紹介します。

ファイナルファンタジーXIV光のお父さん

突然会社を辞めた父親に息子がとった行動とは。。。

ネットゲーム『ファイナルファンタジーXIV』に没頭する青年、稲葉光生はある日、仕事熱心だった父親の博太郎が、突然会社を辞めた事を知る。日頃、会話のない父親との関係上、その理由を聞きだぜず、博太郎の身を案じていた光生は、ゲーム仲間にその悩みを打ち明けたところ、ゲームの世界に博太郎を引き込む事となる。

計画を実行され、ネットゲームの世界に父親を迎え入れる事に成功する。そして自分たちのパーティーに招き入れ、現実とオンライン上を行き来しながら光生は、博太郎のゲーム攻略をサポートし、攻略終盤のボスを倒すべく他のメンバーたちの力も借り奮闘するのであった。しかし、大切なステージを目の前にして博太郎が突然倒れてしまうのであった。

元ネタは、MMORPGゲーム『ファイナルファンタジーXIV』を楽しんでいた「マイディー」というハンドルネームを持つ一介の青年が、ブログ「一撃確殺SS日記」にて連載していた『光のお父さん』というタイトルの一連のブログ日記である。それが毎日放送制作によるテレビドラマで映像化され、2017年4月から5月まで放映。テレビドラマ版では息子、稲葉光生役に千葉雄大、父親、博太郎役に大杉漣が演じていた。今回の劇場版では、稲葉光生役に坂口健太郎、父親、博太郎役に吉田鋼太郎となり、他にも佐久間由衣山本舞香財前直見などが出演。脇を固める。監督は野口照夫山本清史。全国劇場公開は、2019年6月21日です。

【公式】『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』6.21(金)公開/本予告

関連記事