映画ドクタースリープ(Doctor Sleep)|「シャイニング」の続編、予告公開!

スティーブン・キング原作で、ホラー映画の傑作「シャイニング」の続編が、ほぼ40年ぶりに制作、公開されます。今のところ、洋題は『ドクター・スリープ(Doctor Sleep)』となっていますが、日本公開時は変更されるかもですね。

ドクタースリープ(Doctor Sleep)

あの惨劇を生き抜いた少年ダニーの40年後を描いた続編

手斧でドワを壊すジャック・ニコルソンの強烈な演技が、幼少期にトラウマになった人もいるのではないでしょうか。1980年にスタンリー・キューブリック監督、ジャック・ニコルソン主演で映画化されたホラー映画「シャイニング」。物語は、ジャック・ニコルソン演じる作家ジャック・トランスが一家を連れ、冬季閉鎖中のリゾートホテルの管理人を務める中、悪霊たちがおこす奇怪な現象や恐怖を描いたものでした。この続編では、その作家ジャック・トランスの息子で、前作で生き残った少年ダニーの40年後の姿を描いたもののようです。

今回公開されたUS版予告では、大人になったダニーの部屋にある黒板にメッセージが浮かび上がる。その黒板を通して得体の知れない「誰」かと会話を交わすダニー。ある夜、轟音ととにに反転した“REDRUM”の文字が映し出される。そんなダニーのもとに不思議な力を持った少女エイブラが現れ、ダニーの異変に気付き「あなたも魔法を使えるの?」と尋ねられる。それに対してダニーは「この世は残酷で恐ろしい。僕らのような者は皆殺された」と意味深な言葉を口にする。彼は「子どもの頃、よく不思議なものを見たよ。僕はその力を魔法なんかではなく“シャイニング”と呼んでいた。」と言うと、前作「シャイニング」の中で描かれたシーンのカットが流れ、あの呪われた237号室のおぞましいシーンへと続き、最後はあの壊されたドアの穴を覗くダニー。

監督は、キング原作のNetflix映画「ジェラルドのゲーム」を手がけたマイク・フラナガン監督。ユアン・マクレガーが大人になったダニーを演じるほか、レベッカ・ファーガソン(「グレイテスト・ショーマン」「ミッション:インポッシブル フォールアウト」)も出演。前作を超える恐怖を体感することはできるのでしょうか?「ドクター・スリープ(Doctor Sleep)」は、2019年冬全国公開予定。

Doctor Sleep Trailer (2019)

関連記事