クロニクル(Chronicle)|元ネタは大友克洋の「童夢」?!2011年に公開・話題となった超能力SF映画。

映画好きには公開が待たれた超能力SF映画『クロニクル(Chronicle)』が、ついに2013年9月27日・日本公開となる!

クロニクル(Chronicle)

禁断の能力を身につけた高校生3人巻き起こした事件とは!?

このBlogでは、2011年10月21日に紹介した『クロニクル(Chronicle)』が、やっと首都圏限定ではあるが日本公開となります。

物語は、シアトルに暮らす3人の高校生が郊外の山の中で洞窟を発見。その中には得体の知れない光り輝く物質があり、その物質の影響で三人には特殊な能力が宿ってしまう。初めは人を驚かす程度の遊びが、徐々にエスカレートし、事故まで起こし始めた。次第に3人は力の制御がつかなくなり追いつめられていくことに…

監督はジョシュ・トランク、出演はデーン・デハーンマイケル・B・ジョーダンアレックス・ラッセルマイケル・ケリー他。来年2012年の2月3日に北米で公開した作品です。

一説によると監督ジョシュ・トランクは、当初アニメ映画「アキラ」で有名な漫画家で映画監督の大友克洋氏に、彼の作品である漫画「童夢」の映像化と監督を熱望していたが、交渉はうまくいかず断念。この『クロニクル(Chronicle)』の製作へと変更したといわれている。

映画「クロニクル」予告編

以前、TBSラジオ番組「キラキラ」内で映画評論家の町山智浩氏が、映画『クロニクル』を解説していますので紹介します。

【絶賛】町山智浩 クロニクル 超能力バトル映画 評価 感想 ネタバレ無

以前、TBSラジオ番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」内でDJの宇多丸氏が、映画『クロニクル』を解説していますので紹介します。

宇多丸が映画「クロニクル」を徹底批評

関連記事