映画猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)|人類と猿(エイプ)の戦いにシーザーが帰ってきた!SF大作のリブート第3章!

2011年に公開されたSF映画「猿の惑星:創世記(Rise of the Planet of the Apes)」の第三弾となる『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』紹介します。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

ついに猿(エイプ)と全面戦争となった人類。決着を描いた第3章!

猿(エイプ)に急激な進化をもたらした新薬「ALZ113」だったが、実は人類にとって致命的なパンデミックをもたらす「猿インフルエンザ」として変貌してしまう。今までの文明の維持ができなくなるほど衰退した人類と、距離を置きながらも平和な暮らしを作り上げたシーザー率いる猿(エイプ)たち。ところが一部の猿(エイプ)たちに敵意を持つ人々がその均衡を破り、猿(エイプ)たちの領土を犯し衝突が勃発。沈静化に努力するシーザーだったが、事態は最悪の結果で幕を終えた第二作「猿の惑星: 新世紀(Dawn of the Planet of the Apes)」からの続編となる本作品。人間と猿(エイプ)、どちらがこの地球の覇者になるのかを決める最終決戦を描いた内容になる模様。予告では雪の舞う漆黒の闇からシーザーのシルエットが浮かび上がるだけのものではあるが、過去作二本の大ヒットを考えれば、今回も期待は大である。

監督は、前作同様マット・リーヴズがメガホンを取り、シーザーをモーションキャプチャを演じるのはもちろんアンディ・サーキス。他に名優ウディ・ハレルソンスティーヴ・ザーン、映画「アントマン」のジュディ・グリアカリン・コノヴァルなど。北米公開は2017年7月14日予定です。

War for the Planet of the Apes | New York Comic-Con Digital Billboard

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』1.10デジタル配信/2.14ブルーレイ&DVD発売/2.21ブルーレイ&DVDレンタル開始

関連記事