君の名は。|新海誠監督・脚本で贈る長編アニメーション映画

突然体が入れ替わった男女の不思議な縁(えにし)を描いた長編アニメーション映画『君の名は。』を紹介します。

君の名は。

心と体が入れ替わった男女、その記憶を辿る二人の思いの果てに…

映画『君の名は。』公式サイトのストーリーから抜粋

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。
「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」
そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。二人は気付く。
「私/俺たち、入れ替わってる!?」
いく度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら、状況を乗り切っていく。しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心する。
「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。」
辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた……。
出会うことのない二人の出逢い。運命の歯車が、いま動き出す

「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」の新海誠が監督・脚本を務めた『君の名は。』は、空前の大ヒットとなり、130億円を超える興行収益を上げたと報道されています。声の出演は、主人公の瀧役に映画「桐島、部活やめるってよ」「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の神木隆之介、三葉役に映画「舞妓はレディ」でデビューした上白石萌音、他の出演として長澤まさみ成田凌谷花音。今回のヒットには従来のテレビやラジオなどの媒体宣伝よりも、SNSなどのネットでの口コミが大きな影響を与えたのだろうと考察されていますが、近年のアニメ作品のみならず日本での邦画興行に与えたインパクトは大きいものがあります。とはいえ、作品の持つ魅力がそうさせたのはいうまでもないと思うアニメ大作になったでしょう。新海誠監督の今後の活躍が期待できます。

「君の名は。」予告

「君の名は。」予告2

宇多丸 君の名は。新海誠監督 シネマハスラー

関連記事