ウルフ・オブ・ウォールストリート(The Wolf of Wall Street)|実話に基づく驚愕エンターテインメント

毎年、大作に挑むもオスカーに見放された俳優として有名なレオナルド・ディカプリオが5度目のマーティン・スコセッシ監督作品に挑むクライム・ドラマ『ウルフ・オブ・ウォールストリート(The Wolf of Wall Street)』を紹介します。

追記:俳優レオナルド・ディカプリオは、2016年に映画『レヴェナント: 蘇えりし者』でアカデミー主演男優賞を受賞。5度目のノミネートにして悲願のアカデミー賞受賞を果たした。

ウルフ・オブ・ウォールストリート(The Wolf of Wall Street)

ジョーダン・ベルフォートの回想録『ウォール街狂乱日記 – 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』を原作としたクライム・ドラマ

物語は、学歴もコネも経験もないジョーダンが、22歳の若さでウォール街の投資銀行へ飛び込み、誰も思いつかない斬新な発想と巧みな話術で瞬く間になりあがっていくストーリー。彼は26歳で証券会社を設立。そして年収4900万ドルを稼ぎ「ウォール街のウルフ」と呼ばれるようになった。しかし、その行く末には思いもつかない破局が待っていた。

原作は、ジョーダン・ベルフォート自身による回顧録「ウォール街狂乱日記 『狼』と呼ばれた私のヤバすぎる人生」を映画化。監督はマーティン・スコセッシ。主人公ジョーダン役にレオナルド・ディカプリオ。この作品でマーティン・スコセッシ監督と5度目のタッグを組んだ。共演にジョナ・ヒルマシュー・マコノヒー他。日本公開は来年1月31日より全国ロードショー。

ウルフ・オブ・ウォールストリート(The Wolf of Wall Street)

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 予告編

町山智浩 ウルフオブウォールストリート あらすじ たまむすび2014.01.14

関連記事