映画キミとボクの距離|The Space Between Us|人類初の火星で生まれた少年の青春ドラマ

そう遠くない未来、人類初の火星で生まれた少年が地球へ渡り、色々な地球での暮らしを通して成長を描いたSF青春ドラマ『キミとボクの距離(The Space Between Us)』を紹介します。

キミとボクの距離

火星生まれの少年には全てが驚きの世界、地球。

キミとボクの距離(The Space Between Us)

火星への人類移住計画に参加した女性宇宙飛行士が、出発後、妊娠していることが発覚。火星への長い旅路ののち、出産することになるが、母親は出産後死んでしまう。火星で生まれた少年は、ガードナー・エリオットと名付けられ、16年間火星で暮らしていた。そんな中、自分の父親が誰なのかを調べる途中、地球で暮らす少女タルサと知り合う。そして母親の痕跡を辿り地球に降り立つこことなるが、地球での暮らしにはガードナーの体は長く持たないことがわかり、入院を余儀なくされる。それでも彼は、病院を抜け出し地球で一人しかいない友達、タルサのもとへと向かう。自分が誰なのか、地球はどんなところなのか、様々な触れ合いの中、少年が成長していく物語。

監督は「セレンディピティ」や周防正行監督の映画「Shall we ダンス?」のハリウッドリメイク版「Shall We Dance?」を手がけたピーター・チェルソム。主人公のガードナー・エリオットは「エンダーのゲーム」で主人公・エンダーを演じたエイサ・バターフィールド。ヒロインのタルサ役は「トゥモローランド」のブリット・ロバートソン。他にもゲイリー・オールドマンカーラ・グギノなどが出演している。2016年8月19日に全米公開、日本での公開は未定。

The Space Between Us | Official Trailer | In Theaters December 16, 2016

The Space Between Us Official Trailer 2 (2016) - Britt Robertson Movie

関連記事